イクオスのアルコール(エタノール)成分

イクオスのアルコール(エタノール)は髪にダメージを与える?

イクオスのアルコール(エタノール)は髪にダメージを与える?

イクオス本体

 

育毛剤のイクオスには、アルコール(エタノール)が含まれていますが、髪や頭皮に影響を与えることはないのか気になっていました。

 

なぜかというと・・・

 

 

アルコールは髪に良くない?

 

というのも、昔知り合いの人から「アルコールは髪にダメージを与える」という話を聞いたことがあったからなんですね。

 

でも、市販されている育毛剤のほとんどにアルコール(エタノール)は含まれています。

 

「どうなんだろう?」と思っていましたが、せっかくの育毛剤も、髪に良くない成分が含まれているのでは気分よく使うことができません。

 

そこで、イクオス公式サイトから問い合わせてみました。

 

イクオス公式サイトの回答は?

 

いただいた返答がこちら。

 

イクオスに関しましては、品質維持のためごくわずかなアルコール成分を配合いたしております。

 

エタノール、無水エタノールを配合いたしております。

 

多くのシャンプーや化粧品にも、品質保持のためにアルコールは含まれております。

 

多量のアルコールは、頭皮に刺激となり頭皮環境を悪化させる恐れがございますが、 弊社ではアルコールの量による影響をできる限り抑えるため、アルコールの量を極力抑えた配合量にしております。

 

肌の弱い方でもご使用いただけますよう開発しております。

 

血行を促進する成分が非常に多く含まれているため、血行が促進されることで 皮膚に変化を感じる方もまれにいらっしゃいます。

 

上記より、髪の毛に付いた場合でも、特に影響はないかと存じます。

 

現在、ご利用のお客様より髪の毛が傷んだというお声はございません。

 

上記のような丁寧な回答をいただきました。

 

なぜ、育毛剤にアルコールが配合されているかというと、品質保持のためなんですね。
育毛剤の品質が劣化しないように、やむを得ず配合している形になっています。

 

確かに多量のアルコールは髪に良くないのですが、微量であれば問題ないということになるでしょう。

 

実際のイクオスの成分表示は?

 

イクオスの成分表示を見てみると、

 

イクオスのパッケージ裏の成分表示

 

このように、無水エタノール、エタノールは、成分表の一番最後に書かれています。

 

化粧品の場合は配合量の多い順番に記載するというルールがあるのですが、医薬部外品の場合はそういったルールがありません。

 

ですので、どの程度配合されいるか消費者にはわからないんですよね。
いただいた回答では『ごくわずか』と書かれているので、かなり少ない量なのかな?と推測されるのですが。

 

育毛剤の中には、このエタノールが比較的多い量配合されているケースもあるようなのですが、成分表示だけを見ただけでは判断が付かないのが難しいところです。

 

もちろん、エタノールの量が多いからといってその育毛剤はダメだと決めつけることはできませんが、使う側の心理としては、できることならエタノールの少ない育毛剤を選びたいところです。

 

 

個人的には、育毛剤を選ぶ際は、イクオスのようにアルコール(エタノール)の量が少ないものを選ぶようにするのがベターかなと思います。
あなたはどのように思われますか?



トップへ戻る